« のだめ終了! | トップページ | 日焼けサロン »

2007年6月30日 (土)

世界がもし100人の村だったら

今日はフジで世界がもし100人の村だったら。

つーのを観ました。

今まで何回かシリーズでやってるので観た方も多いはず。

世界の中の過酷な環境で生きてる子供達を紹介する番組でし!

内容をここで詳しく説明する気は有りませんが、

穴にもぐって金を探す少年、軍事訓練を自ら志願してやってる少年、

ゴミをあさって生計を立ててる少女達の話でした。

ちぃっとテレビとしての過度の演出、アテレコのわざとらしさ、

BGMとして流れる音楽が狙いすぎ等があって、

鼻にはつくんですが、(ドキュメントなので何故こういう演出をするのか

聞きたい!そこに描かれてるのがリアル(現実)なのに敢えて手を加える

必要があるのか?っと思う。

事実を淡々と見せてくれた方が直感的に伝わると思うのですが....)

芸能人の態度とかも気になる。

軍事訓練のレポーターだった葉月里緒奈が少年に対してかわいそう

言うんですが、何故このセリフなのか?

かわいそうとは人を哀れむ時に使うセリフ、上の立場から下の者に

使うセリフのような気がします。

一所懸命やってる者に使うセリフではないはず!

こういう所俺って結構気にする!!

これをやさしさとかは絶対思わないです!

色々と演出については言いたいことがあるんですが、

それを抜きにして、やはり日本の子供には見て欲しい気はします。

これを見てまねしろ!とかこういう生き方しろ!とは思わないけど、

こういう世界が現実としてどこかに在るのは知っておいてもいいのでは。

と思う。

少女の最後のセリフで、弟達は学校行って、ちゃんとした仕事に

ついて貰いたい。私はどーなってもいいから

てセリフ...

重くて言葉失います。

|

« のだめ終了! | トップページ | 日焼けサロン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215155/15608421

この記事へのトラックバック一覧です: 世界がもし100人の村だったら:

» 『世界がもし100人の村だったら』 [もうすぐ40!?無職の女物語]
もうすぐ40歳になる無職の女(しかも独身)でも親にとってはいつまでもかわいい娘らしく たまに実家に帰ると大大歓迎してくれます。 ツキコの大好きなお料理とワインを用意してくれて、メロンやマンゴーなどの果物、和菓子、ケーキetc. そんなに食べられないよ~ってくらいテーブルに並びます。 そして絶えず 「○○食べる?」「○○どう?すごく美味しいのよ」「おなかすいてない?」 と母から話しか...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 00時08分

« のだめ終了! | トップページ | 日焼けサロン »