« 素顔公開!!\(^▽^)/ | トップページ | 色々と模索中なのれす »

2007年9月12日 (水)

ジーニアス・パーティ

どんも~!!(^д^)/

今日はめずらしく、仕事の手が空いたんで映画観て来ました。

(フリーってこーゆーこと多い。平日に自由な時間とれるのも

特権です。逆に言えば前回の様に休日仕事してたりする)

タイトルはジーニアス・パーティ(Genius Party) 

(スペル合ってる?)(? 。?)

スタジオ4℃制作のオムニバスのアニメーション映画です。

ホームページはこちら。

http://www.genius-party.jp/

タイトル通りの天才達による商業性を廃した芸術性の

高い映画です。

全部で7本の短編オムニバスですが、スタッフは福島敦子

河森正治、湯浅政明と言ったアニメ界ではそーとー名の知れた

人達が監督をしております。

とにかく個性的で、独創性に富んでおります。(⌒―⌒)

普段テレビシリーズでは絶対観れない映像と内容だと思う。

売れるためとか、受けるといったことを無視して、やりたいことを

やったっていう映画です。

そのため上映館が少なく、自分も観ようと思ってたんですが、

観損ねていたんです。

今回たまたま地元の映画館でやってるのを見つけて

観にいったって訳。

Ph221 Ph321Ph421

ちろっと画像貼り付けましたが、こんな感じの映像です。

7篇全部が良い出来とは言いがたかったですが、

今のアニメーター達の意気込みと熱意は感じます。

本来アニメーションとはこのくらい個性があっていいはず

なのです。

常に売れせんとか、受けを意識しすぎて似た様な作品、

おもしろくもない作品が溢れてる様な気がします。

それらは確かに受けるため人気があって集客力もあるかと

思います。

ただ、そこばかりを見て作品を作っていては、新しいものも

独創的なものも生まれないのではないでしょうか?

この映画が商業的に成功してるとはいい難いです。

自分が観た時は平日の夕方ということもありますが、

観客は自分含めてたったの10人だけ。┌(- _ -)┐

ただ、こういう物を作っていかないと、ますますアニメ業界が

衰退していく気がします。

自分は売れせんの作品が悪いと言ってる訳ではないんです!

そこを狙うのも方法論としてはあるし、みんなが楽しめる娯楽性

の高い作品も自分は大好きなんですが、みんながみんな

そこに集中してるというか、そこにしかお金を出さないというか。

自分がアニメーターをやってた頃はも少し絵も、話も、個性的な

作品があってバラエティに富んでいた気がします。

今のアニメは売れせん狙ってるのにおもろくない!

視聴率見てもそれは物語ってるよね。

昔は30%のアニメとかフツーにあったから。

携帯電話とか色々な娯楽が増えてテレビ自体を観ないとは

思いますが、スポンサー共々何とか考えて欲しい所です!!

ホントに無くなっちゃうよ!日本のアニメ!(`△´)メ

|

« 素顔公開!!\(^▽^)/ | トップページ | 色々と模索中なのれす »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215155/16420601

この記事へのトラックバック一覧です: ジーニアス・パーティ:

« 素顔公開!!\(^▽^)/ | トップページ | 色々と模索中なのれす »