« 女子ソフトが金! | トップページ | インストールに失敗!! »

2008年8月29日 (金)

だらだらと~

ど~もぉ~。 みなさんおこんばんわぁ~。(゜ O ゜)/

じぶんはいま なつやすみをとっていますぅ~。

しごとが ちこっとあいだがあいてしまったので

やすんでいまふ。

だぁ~ら、だぁ~らとリラックマのよーなせいかつしておりんす。

きょうはゲームやったりぃ~、よるはエイガをみてきました。

スカイクロラというアニメえいが ですぅ~。

地元のMOVIXと言う映画館でメンズデイで1000円ですう~。

監督は押井守。

うる星やつらから攻殻機動隊まで多くの作品を手がけてる

アニメ界では大御所の監督さんですぅ~。

宮崎駿が全世代向けのメジャー作品作る人ならば、

対する押井守はよりマニア向けのカルトな作品作る方です。

前回のイノセンスがはっきり言って自分的にって作品

だったのでぇ~、今回のスカイクロラはどうかいな?

って思いもあったのですが。

押井氏曰く、より一般的に分かりやすい作品にしたとのことですが

やっぱマニア向けでしたぁー(=^△^=)

ただ、イノセンスとかに比べれば分かりやすくテーマも

明確だったと思います。

内容の方ですが~、架空の世界だけど現実に近い世界。

第二次大戦後くらいの時代設定で架空の戦争をやり続けてる

キルドレと呼ばれる大人になれない人達のお話。

未来のSFなんですが~世界感は過去なのでちと懐かしい

感じ。

キルドレは戦争する為に作られた突然変異みたいな存在。

他の人々は普通に歳を取っています。

キルドレは歳を取らないのでそのままでは死にません。

戦争で撃墜されたりすれば死ぬのです。

そうじゃなければ永遠に歳をとらず(見た目は高校生くらい?)

に生き続けます。

映像の方ですがぁ~戦闘シーンは派手でカッコ良いです。

飛行機マニアの喜ぶ感じですが~

全体を通してはやはり非常に地味です。(=^ ^=)

派手でカッコ良い爽快な映画ではなく、人物芝居に

重点をおいた重いテーマの映画だとおもうにゃ~。

人物の描写は地味ですが~非常に丁寧に描いてます。

キルドレと言われるエンドレスな世界に生きる者の葛藤

や悩みや想いを描いてまふ。

不老不死。

かつて多くの独裁者や権力者も(始皇帝とかね)

夢見て追い求めたモノですが~

実際に実現したらそれは幸せにゃのかいな?って

考えさせられまふ。┌(-_-)┐

人生って終わりがあるから、今をがんばる。

死が絶対的に避けられないモノだからこそ、

生きることに一生懸命にもなる。

明日死ぬかも10年後かもしれないけど~、死にたくないって

気持ちがないと生きてるってことがツマンナイのだよね

きっと。

人は成長して、そして老いていく。

けどそれだからこそ生きてるて実感があるのね。

死なない、死ねない人生に生きがいはないのだわ。

と、そーゆーこと考えてしまふ映画でしたぁ~。(=^_^=)

気になった方は観てみればぁ~。

じゃね~ (゜▽ ゜)┘

|

« 女子ソフトが金! | トップページ | インストールに失敗!! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

生活」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215155/42306425

この記事へのトラックバック一覧です: だらだらと~:

« 女子ソフトが金! | トップページ | インストールに失敗!! »