« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月25日 (木)

チャウチャウになってる!?

皆様こんにつわっ!ヽ(´▽`)/

この前実家に帰ってみた(実は結構前)のれすがぁ~、

実家で飼ってる犬のミンクちゃんがチャウチャウになって

ましたっ!!↓w(゚o゚)w

Minnku1

写真だとそーでもないが、

毛の刈り方のセーでチャウチャウみたいなのれす。

ちなみにミンクちゃんはポメラニアンでしゅ!(>o<;)

コロッコロになってましたぁ~。

お犬の成長は早いですね~。

(1歳半くらいだったかな?)

どーでもいいが(よくないが)よく吼える!!

うるさいだろがっ!近所迷惑だってのっ!ヽ( )`ε´( )ノ

どうも普段居ない俺がいるセーで興奮しとるよーです。

しつけがなってませんね!この家は!

(どーゆー教育してるんだか) ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

小型犬は落ち着きがないですね~。

人間もそーだが、小さいヤツは落ち着きがない。

自分は大型の部類に入るので(180cm)落ち着いたモン

です。(エヘン!)(^∧^)

小さいヤツ程よく吼える。

自分はちっとの事で動じたりしませんっ!!

急にアドリブ求められてもアワアワしたりしないです!

黙ったり、冷や汗かいたりしません。

KYとかも言われません!

自分の一言で場が引き潮になったりもしません!

(このくらいでいいかな?;;(^o^);;)

まぁ、犬は犬なりに色々気を使ってるみたいで

大変かも。

楽な人生にゃんてないかもねぇ~ん!

最後にもう1カットおまけ↓

Minnku_2

かわいいでしゅね~。(=⌒o⌒=)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

見ないでっ!石にされるからっ!!

Mejyusa

お食事中の方(食事しながらブログは見ないか?)と

小さなお子様ごめんちゃ~い!!_(>_<)_

こいつは大分前(10数年前)にアクリル絵の具で描いた

メデューサでし!!(B3サイズ)

当時はバイトとプータローしてた時期で(絵の仕事が

見つからずにね)ちょこちょこ手を入れながら2ヶ月半かけた

作品でしゅ。

当時の自分の色々な感情がこもっていますね。

メデューサはギリシア神話に出てくる怪物?さんで

目を見ると石にされてしやいやす。(こわーっ)┌(>0<)┐

実はコイツを描いたのは、とある画家の作品がモデルに

なっています。

Karahon_2

カラヴァッジョというイタリアの画家です。

日本では余り有名ではないですが、本国イタリィーでは

ミケランジェロやダビンチと並び称される程有名な画家さん

です。

ルネッサンス後の絵画の方向性をある意味変えたと

言われる人。

生まれは1571年なので16世紀。

その画法はリアリズム。

いわゆるスーパーリアルの奔りだったワケ。

そして特徴的なのが光と影の明暗(コントラスト)。

強烈な光と強烈な影。

彼の作品の多くはバックがほとんど黒一色。

そして題材や表現が過激で残忍ともいえる様な作品

あります。

良くも悪くもその後の絵画に多大な影響を与えた人。

そんでもってそのカラヴァッジョが描いたメデューサがこれ↓

Kara

どうかな?

大分ちがうじゃん!って言う人もいるかと思いマフがー

あくまでモチーフなので後は描く側がどー捉えるかなのです

まぁ、このカラヴァッジョですが、こんな絵描いてて実は

イイヤツ!!ってワケじゃなくて!!(@ 。@)

人間的にかなり問題あった人のよーで、

粗悪で乱暴モノ。

かなり多くの問題を起こしていたそーな。

天才って人はある部分特殊な才能ある代わりに

何か大きな代償も払ってるのでしょうか?

彼はその性格が災いして1606年にテニスの試合で

掛け金でもめて殺人事件を起こします。

その事件がきっかけでローマから逃亡。

放浪の生活を始めます。

それからも絵の仕事をするのですが、

逃亡中に病に係って1610年に死亡(38歳)。

まさに波乱の人生ですねぇ~ん!

この人格のせいで評価が分かれている画家

(多分日本で有名でないのはこのセイもある?)

ですが、自分は妙に惹かれます。

もちろん技術的な部分が大半ですが、

そのマヌケな生き方とかどうしようもなかった性格とか

天才でも全てが素晴らしいワケではないんだ。って

とこが、変に愛着湧くのかも。

もちろん殺人犯した人間評価するワケじゃないけど、

哀れでもあり、悲しい。(T_T)

人の弱さと、相反するかの様な作品の表現。

絵ってモノの奥の部分の姿を観るよーな気がしやす。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

ぱらりんピックも終わったねぇ~

いまさら感もありますが、パラリンピックも終わったね。(゜ ▽ ゜)/

今回実はあまり観てなくて、新聞とかで結果を知った程度。

(ちらっとニュース観たくらい)

てなワケで俺が語るのもオコガマシイのれすが。

ぱらりんぴっくは障害者の方にとってはとっても意味のある

大会やと思います。

おそらく普段の生活の中では色んな思いが(嫌なコト含め)

ある思いやすがぁ~、唯一輝ける場なのではないでしょうか?

少なくとも一般人(自分を含め)が彼らの存在をもっとも

意識する時な気がします。

自分は障害者の人達に良くも悪くも特別な思いはありません。

今現在自分の周りには障害者の方はいませんが、

バイトで工場にいた時には職場にいました。

(大手企業は(何人以上か忘れたが)労働法で

障害者を雇わないといけないよーなっています。)

足が悪く若干の知的障害とかある方でしたが、

別にフツーに接してますた。

自分が障害者の方に偏見を持たなくなったのは

中学の時に(自分が一年の時にその人は3年)

筋ジストロジィーという病気で車椅子の人がいたのが

大きい気がします。

二番目の姉と同級生でしたが、ホントにみんなフツーに

接してました。

普段は怖いヤンキーの先輩とかが当たり前の行動と

して車椅子を押したり、友達として接していたのです。

下駄箱の入り口が段座があるのを先生と生徒達で

ベニアとかでスロープを作ってバリアフリー化

(当時はそんな言葉無かったと思いますが)

したりと、色んな工夫や手助けをしてました。

変に押し付けがましい感もなく、当たり前って感じで。

てな、モンで別に障害者の方を嫌ともおもわんし、

逆にかわいそうとも哀れんだりもしません。

あれから20年以上経ってるのでその方ももう亡くなってるかと

思いますが。

(当時で生きられて後10年とか言われていたので)

この事も本人も周りの人も(教師も)包み隠さず公表してた。

自分達も当然認識していました。

でもんで、パラリンピックも変に偏見では観てないと思う。

ただ、フツーのスポーツの祭典とも思わん。

やはり、特別な意味のある大会な気がします。

新聞にある記事が載ってたので引用しやす。

この方は水泳の選手で本家北京オリンピックにも

出てる方。

元々競泳の有力選手だったのですが、交通事故で

片足失って、一度は水泳やめたそーですが、

”オープンウォーター”って競技が出来た(水泳のマラソン

みたいな競技)ので、それに出場。

その方に何故オリンピックに出れるのにパラリンピック

にも出るのか?と聞いたところ。

自分より障害の重い選手の姿を見て心打たれる。

それが参加する理由」

そしてこうも言っていやす。

「私も、もうこれ以上出来ないと思ったコトが何度もある

「でも今はこう思える。」

人生の悲劇とは、障害で自分の目標が達成出来なくなる

ことではない」

「悲劇なのは、目指す目標を持てなくなるコトなのだ」と。

人生の悲劇や不幸は突然やってくる。

その時に自分は不幸だと泣いてあきらめますか?

自分はかわいそうって同情求めますか?

その現実を受け止めて、新しい目標とか目的を

もって生きるコトが大切なのでは?

皆さんは目標を持って生きてますか?

自分はそーやって生きてるつもり。

皆ハンも目標さだめて生きてね~ん!

なんの達成感もない人生にゃんてつまらんでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

5度目の挑戦

今日はぁー久々にボクシングを観ました。punch

4大世界戦ってのをやってて観たよ。

ボクシングつーと最近はある話題ばかりが取り上げられてて、

肝心の試合の方が話題にならないと言うボクシングファンから

すると悲しい限りだったのですが、今日の試合はどれも

良い試合でしたheart01

中でも西岡利晃の試合は良かったどす。

西岡は過去4度世界戦にチャレンジしていずれも失敗!

(2敗2分け)(ボクシングは引き分けだとチャンピオンが

防衛となります)

しかも負けた相手は全てウェラポンと言う同じ相手。

ウェラポンはホントに強いチャンピオンでしたから

しゃーないちゃーしゃーないんですが。(> <;)☆☆

その後アキレス腱を断絶したケガを負うなど色々挫折

をしたみたいですが、4年ぶりの世界戦に挑戦する

試合だったのです!

はっきりいって過去4回も失敗してりゃー、

もう諦めますよ! ┐(´-`)┌

年齢も32歳(ボクサーとしては引退の年齢)

おまけに大怪我して4年間もチャンスなかったら。

それでも諦めない気持ちにさせるのって何だろう?('ゝ')?

他に何も出来ないから?

そんな単純なもの?

分からんけど、分かる気もする。同じプロとして。

(かなわないけどね)

今回の世界戦の為に家族を実家に帰して、

1月から単身でこの世界戦に賭けてたよーでし。

運命なのか、皮肉にも今日の相手はウェラポンがトレーナー

をつとめる選手。

引退した彼が育てた選手なのね~。

リアルの世界ってホント小説や物語よりドラマチック!!

試合は見事西岡選手が勝ちました!(ぱちぱちぱち!)

判定聞いて本人号泣してた。

最後相手のセコンドについてたウェラポンが西岡の手を

挙げて祝福してました。

いや~男だね~。(T_T)

やっぱスポーツはいいねぇ~。

がんばってるヤツにはいつか勝利が来るモンさ。

それはどーゆー形なのかは分からんけどね。

本人が満足出来ればそれが勝利。

いつかは負けるけど、それも又いいのです。

それが人生なのです。

がんばりすぎて後悔するコトなんて無いと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

最近はこれにハマッテおります。

どーーーーモーーーーー!こんちわっ!(o^-^o)

最近ね~、これを作るのがマイブーム。↓

Tonyu_2

お豆腐作りheart01

これはスチームオーブンで作ったお豆腐。

いわゆる”おぼろ豆腐”ですね。

ほんで~!↓

Touhu_2

こっちは鍋で作った木綿豆腐でしゅ!!(≧∇≦)

お豆腐作りは結構カンタン。

大豆を煮るトコから作るとーーーそーーーとーーー

大変そーですが、豆乳から作るのはカンタンよ!

無調整豆乳ての(調整豆乳はダメ!色々余計なの入ってるから)

買ってきて”にがり”っての混ぜればカンタンに出来るよ~。

にがりってのは塩化マグネシウムなのかな?

(間違ってたらスマン!)で、スーパーのお塩のコーナーに

置いてあります。(液体のやつねー!)

作り方は~

豆乳を鍋に投入!(なんちって!) ( ´艸`)プププッ

弱火にかけて、温度が60度くらいになったらにがりを入れます。

この60度もにがりの量もテキトーでしゅ!

勘が全て!!

それが男の料理!!

そんなワケでその時によって出来がマチマチです。(きゃはっ)

軽くまぜたら固まってきやす。

そのままザルとかにあけると~おぼろ豆腐。

木綿とかにくるんで絞る(上から重しを乗せる)と

木綿豆腐になります(15分くらい待つのじゃ)

自分の家に絹がないので(貧乏にゃのね)絹ごし豆腐は

作ってませんが~、機会があれば挑戦しやすぅ~。

肝心の味ですが~、おぼろは豆乳の味が良く出るので

クリーミ~(マミ)です。

木綿はかなりしっかりした感じの味。分かる~?(・0・)?

ヒマにゃヒトはチャレンジしてみよーー!!!(○゜ε゜○)ノ~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

絵がしゃべるって分かるかな?

皆さんおひさー!(゜ ▽ ゜)/

土曜日のコトとなりますが、タツノコの世界展ってのに

行って来ました。↓

http://www.add-system.co.jp/tatsunoko/top.html

八王子夢美術館ってトコ。

Tatunoko

タツノコプロというと、ガッチャマン、ヤッターマン、マッハGOGOGO

みなしごハッチとかを創ったアニメ会社です。

創業者の吉田竜夫氏は元々マンガ家さんなので、

劇画チックなアメコミナイズされた作風が当時(今でも)

斬新だったヨーです。

タツノコプロは作業のシステムも独特だったよーで、

完全な実力主義。

アニメ創世記だからこそ出来たやり方も色々やってた様。

今では当たり前(アニメ業界では)なキャラデザインとか

メカデザインに専門の人を立てて創るやり方も

タツノコプロが初めてやったものでした。

(それまでは作画監督ってヒトが全部作ってたの)

多くの人材も育てた会社です。

天野喜孝とか大河原邦男とか色々。

で、そんなタツノコの歴史をたどれる展覧会ってワケ。

主に当時に企画用のラフ、イラスト、版権用のイラスト等が

メインであったのですが、どれもスゴイですね!

やっぱ生イラストの迫力は写真や画面からでは伝わらない!

って思いました。

当時の作家陣のパワーがすざまじいのです。

絵がこちらに語ってくるのです。

一枚の絵がセリフをしゃべってるよーに観える。

中途半端な感じが微塵もなく、エナジーに満ち溢れて

迫ってくるのです。

ぱっと見ればデッサンの狂いとか技術的な部分でオカシイ絵も

あるのですが、絵っていうのは技術だけじゃない!ってのを

改めて感じました。

線の巧さ。

きれいな線って意味じゃなく荒々しいけど巧い線。

塗りもCGでは絶対に出来ない、作家の個性を感じます。

どんなに技術がすぐれてデッサンとれてよーが、

まったくこちらにうったえてコナイ絵ってのもあるのです。

(作者が何を伝えたいのか分からない絵)

自分らは絵を観る時そーゆー部分を観ます。

技術的なモノは後から覚えるコトも出来ますが、

ヒトに訴えることが出来ないヤツは

やっぱプロでは無理なのです。┌(- _ -)┐

そー言った意味でこの展覧会の絵は多いに刺激になる

モノでした。

それからもう一つ。(・0・)

美術館の入り口で当時の作品のオープニングアニメをVTRで

流していたのですが、小さい子供達が見入ってました!

ハクション大魔王にオオウケしたり、興味深々!!

子供に受けるモノって時代変わっても同じなのねって

思った。

逆に今そーゆーアニメがアンパンマンぐらいしか無くって

かわいそうなのかもって思う。 (ノ_≦。)

今はモノが溢れてるけど、無くしたモノも多い。

子供達に何か大切なモノ伝えないとイカンね。

クリエーターとしてね。

ちゃんと気持ちを込めてしっかりとしたモンを創らないと。

そんなん考えてしまうね。今日このごろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

インストールに失敗!!

ど~も!こんばんわぁ~。(o・ω・)ノ))

ココログに顔文字機能が追加されてまふねぇ~。

さっそく使ってみやんした。( ̄ー ̄)ニヤリ

ところでーー!九月になりましたよ!

学生のみなさんは夏休みボケしてる場合ではないよ!

覚醒しないとね(学生とかけてみました(^ ^) )

そんなことよりーーーっ!!(>o<;)

マシンを色々いじっていたんですがぁ~、

OSのアップグレードに失敗!!!

Cドライブがオシャカに成ってしまいましたぁ~\(⌒o⌒)/

(おかしいニャ~。普段の行いが良いので失敗は

しないはずんですけどね~。ホントは。)

何か知らんけど、デバイスのインストール中に必ずエラーに

なって再起動。

もっいっかいやり直してまたエラーの繰り返し。

しょうがにゃいのでセーフモードで起動しようとしやんしたが

それも出来ず。 ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

奥の手の回復コンソールってのを試しましたが、

にゃおりませんでスターー!!

自分は飽きっぽいので~、とっとと諦めて新しいハードディスクを

買ってきて新規インストールしやしたぁ~!

当然Cドライブのデータは全てオシャカですよ~。

幸いお仕事のデータとかは別のハードディスクにバックアップ

してたので(最近ブログに書いたとーりに)

無事やったんですが~、問題はプログラムソフトの方。

自分がお仕事で使ってるフォトショップとかのソフトが

消えてしまったので~、再インストールしにゃきゃいかんの!

(ごく一部のモンだけ吸い出せましたが)

まぁ~何とかなりそーなんですが~、筆とかを

カスタマイズしてたデータが消えてしまったのが痛い(×Д×;)

また一から創りにゃおさんとね~。(めんどくさっ!!)

基本的にお絵かきとメールさえ出来れば問題ないんで~

他のソフトとかはどーでも良かったにょね。(消えても)

ただ、一からやり直すと色々問題が出たりしやすね~。

にゃんかキーボードも設定が変になってしまって。

直しましたが、微妙にキーが違ったりしてマフ。(打ちずら!)

ようやくマトモな感じになったので今ブログ書いてまふが~

今後はどーなる事やら。┐(´-`)┌

まぁ、おかげでマシンがすっきりして良かったかも。

ついでにケースファンとCPUファンも買ってきて静音化しました。

いい感じ。(やかましい音がしなくなった)

(音の大きさというより、耳障りな音だったの!前は!)

ハードディスクもいいヤツにしたんでパフォーマンスは

上がったしね。

失敗しても、それを良い方向に持っていかにゃいとね。

人間成長しないから。(=^_^=)

まぁ、にゃにごとも経験です。

次はもっと慎重になるでしょう。

でわー!(○゜ε゜○)ノ~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »