« 5度目の挑戦 | トップページ | 見ないでっ!石にされるからっ!! »

2008年9月19日 (金)

ぱらりんピックも終わったねぇ~

いまさら感もありますが、パラリンピックも終わったね。(゜ ▽ ゜)/

今回実はあまり観てなくて、新聞とかで結果を知った程度。

(ちらっとニュース観たくらい)

てなワケで俺が語るのもオコガマシイのれすが。

ぱらりんぴっくは障害者の方にとってはとっても意味のある

大会やと思います。

おそらく普段の生活の中では色んな思いが(嫌なコト含め)

ある思いやすがぁ~、唯一輝ける場なのではないでしょうか?

少なくとも一般人(自分を含め)が彼らの存在をもっとも

意識する時な気がします。

自分は障害者の人達に良くも悪くも特別な思いはありません。

今現在自分の周りには障害者の方はいませんが、

バイトで工場にいた時には職場にいました。

(大手企業は(何人以上か忘れたが)労働法で

障害者を雇わないといけないよーなっています。)

足が悪く若干の知的障害とかある方でしたが、

別にフツーに接してますた。

自分が障害者の方に偏見を持たなくなったのは

中学の時に(自分が一年の時にその人は3年)

筋ジストロジィーという病気で車椅子の人がいたのが

大きい気がします。

二番目の姉と同級生でしたが、ホントにみんなフツーに

接してました。

普段は怖いヤンキーの先輩とかが当たり前の行動と

して車椅子を押したり、友達として接していたのです。

下駄箱の入り口が段座があるのを先生と生徒達で

ベニアとかでスロープを作ってバリアフリー化

(当時はそんな言葉無かったと思いますが)

したりと、色んな工夫や手助けをしてました。

変に押し付けがましい感もなく、当たり前って感じで。

てな、モンで別に障害者の方を嫌ともおもわんし、

逆にかわいそうとも哀れんだりもしません。

あれから20年以上経ってるのでその方ももう亡くなってるかと

思いますが。

(当時で生きられて後10年とか言われていたので)

この事も本人も周りの人も(教師も)包み隠さず公表してた。

自分達も当然認識していました。

でもんで、パラリンピックも変に偏見では観てないと思う。

ただ、フツーのスポーツの祭典とも思わん。

やはり、特別な意味のある大会な気がします。

新聞にある記事が載ってたので引用しやす。

この方は水泳の選手で本家北京オリンピックにも

出てる方。

元々競泳の有力選手だったのですが、交通事故で

片足失って、一度は水泳やめたそーですが、

”オープンウォーター”って競技が出来た(水泳のマラソン

みたいな競技)ので、それに出場。

その方に何故オリンピックに出れるのにパラリンピック

にも出るのか?と聞いたところ。

自分より障害の重い選手の姿を見て心打たれる。

それが参加する理由」

そしてこうも言っていやす。

「私も、もうこれ以上出来ないと思ったコトが何度もある

「でも今はこう思える。」

人生の悲劇とは、障害で自分の目標が達成出来なくなる

ことではない」

「悲劇なのは、目指す目標を持てなくなるコトなのだ」と。

人生の悲劇や不幸は突然やってくる。

その時に自分は不幸だと泣いてあきらめますか?

自分はかわいそうって同情求めますか?

その現実を受け止めて、新しい目標とか目的を

もって生きるコトが大切なのでは?

皆さんは目標を持って生きてますか?

自分はそーやって生きてるつもり。

皆ハンも目標さだめて生きてね~ん!

なんの達成感もない人生にゃんてつまらんでしょ。

|

« 5度目の挑戦 | トップページ | 見ないでっ!石にされるからっ!! »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215155/42525870

この記事へのトラックバック一覧です: ぱらりんピックも終わったねぇ~:

« 5度目の挑戦 | トップページ | 見ないでっ!石にされるからっ!! »