« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月19日 (金)

ガンバVSマンチェスターU戦!

どもどもっ!(*゚▽゚)ノ

今日(昨日だけど)クラブワールドカップで

ガンバ大阪VSマンチェスター・ユナイテッドの試合が

ありもうした!

結果をゆうと5対3でマンチャスターが勝ったんすけど~

結果以上にガンバはがんばったと思いやす(ガンバだけに?)

観ててひじょーーーにオモロイ試合でしたぁ~!( ^ω^ )

前半は2対0でマンUがリードして終わりましたが、

内容的にはほぼ互角!

スピードや個人技でもそんなに見劣りしませんでした。

唯一ゴール前でのパスとシュートの正確さに差があり

まんしたがぁー。

とにかくガンバの攻める姿勢が他の日本のチームに無い

すばらしいトコやと思いましたぁ~!!o(*^▽^*)o

後半に入ってもほぼ互角。

20分すぎにガンバが1点取って2対1!!∑(=゚ω゚=;)!!

しかしこっからのマンUは凄かったぁーーー!!(。>0<。)

ルーニーすごっ!!(マンUのフォワードね!)

それまではやや大人しく観えたチームが一人の選手が

入っただけでまるで別のチームのよーに攻撃的!!

一気に3点取って5対1!!(内2点はルーニー)

こりゃー後何点取られるかいな?

思いやしたがぁ~、ガンバは切れるコトなく

逆に攻撃的に攻めました!!(゚0゚)

こーゆー戦い方は今までの日本のチームには無かったと

思います。

結果2点をもぎ取り5対3に!

さすがのマンUの選手も、ちと驚いたのでは?

とにかく結果以上にプロの試合として観客を楽しませたのは

すんばらし~いと思いますわぁー!(*^ω^*)ノ彡

終始逃げ腰の守備的で0対1で負けるよーな試合よりは

数倍良い試合でしたぁ~!

久々におもろいサッカーの試合観ました!

日曜に決勝とガンバの3位決定戦があるので

そちらも楽しみざんす!! ( ^ω^ )ウフフッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

歌舞伎~観たよ~!

こんばんどすぅ~。(* ̄0 ̄)ノ

ひょんなコトから歌舞伎のチケットが手に入ったんで

歌舞伎座に観にいってきまんやわぁ~!ψ(`∇´)ψ

Kabuki_2

今年は自分の中で和モノブームなので締めくくりには

ちょうど良いかと。

観たのは三つの演目。

名鷹誉石切(なもたかしほまれのいしきり)

高杯(たかつき)

籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)

と言う芝居です。

自分は知識がにゃいので3つとも知りませんでしたぁ~。

出演者で知っているのは松本幸四郎、市川染五郎親子

くらいです。

いんやぁ~、初めての体験でしたが、色んな意味で

おもろかったどすぅ~。(○゚ε゚○)

4時半から始まって終わりが9時という長丁場でした!

(途中30分と15分の休憩入りんす)

歌舞伎というのは正に”静”の芝居なんですね~。

演者が掛け合いしてる時に他の人達はまったく動かない!

つまり止まった演技をしてるのです。

(ヘタすると最初から最後まで!)

動きも独特ですし~、”タメ”や”間”が大事。

”見得を切る”つーキメの動き。

元々は中国の京劇の影響があるとは思いますが、

日本人特有の文化なんですねぇ~ (* ̄ー ̄*)しみじみ

因みにこの”キメ”のポーズや動きってのは現代にも

通じていて、戦隊モノやアクションモノのキメポーズ、

マンガやアニメ、イラストのキメ絵もこの歌舞伎から

来ているんですよね。

この形は欧米には絶対なくて、外国人から観ると

不思議なもののよーです。

これが現代のジャポニズムと言った所。

そーそー、お芝居の内容の方ですが、最初の芝居は

一つの場面を描いた芝居。

次の芝居は喜劇タッチ。(タップを取り入れたお芝居で

斬新!)

最後が回転舞台を使った場面替えなどを取り入れた

大掛かりなもの。

それぞれ見所があって楽しめました。o(*^▽^*)o

声や楽器の生音もすばらしかったですねぇ~。

音の響きが良いというか心地いい。

裏方の黒子の人達を含めまったく無駄のない動きで

完成されたお芝居でした。

プロのお仕事観させてもらいました!

そーそー、お芝居中に掛け声かけるんですがぁ~

役者さんそれぞれに屋号というものがあって

例えば幸四郎だと”高麗屋”(こうらいや)と言うみたいです。

幸四郎と掛けるのは失礼にあたるとか。

声を掛けるタイミングも決まってるよーで、歌舞伎特有の

ものですね。

まぁ、こーゆー文化はずーーーと後世まで伝えていって

ほしいモンですねぇ~( ^ω^ )

良いお勉強になりもうした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

3月のライオン

こんばんわ。happy02

最近”羽海野チカ”がプチブームです。

ちとお仕事で関わっていて興味がでたのですが、

絵がとてもかわいらしくて自分には無い感性を持っており

惹かれます。

漫画は読んだことがなかったのですが、試しにヤングアニマル

で連載している”3月のライオン”という漫画を買ってみますたっ!

Chika

内容はプロ棋士の少年の成長と葛藤を描く物語です。

2巻まで出ています。

いやぁ~、おもろいです!!(゚0゚)

正直言って過小評価してました。

キャラクターが実に生き生きと描かれてるし、間というか、

ゆっくりとした”時間”を描くのが上手いですね。(* ̄ー ̄*)

展開や構成はオーソドックスで新しい感じはないのですが

むしろ今風の漫画に無い描き方をしてるのではないかな?

キャラと背景ゴマのバランス、詩的なナレーションの入れ方

など”上手さ”を感じます。

この辺は意識もしてるでしょうがセンスってのを感じますわ。

最近のマンガはただエロシーン入れたり、余りにも不自然な

展開や設定。(≧ヘ≦)

おまけに読者に媚を売るよーな描き方ばかりが目に留まって

非常に嫌気がさしていたのですが、

こーゆーマンガを描ける人気作家もいるんだと安心しました。

何より作家がプロ意識を持って読み手と向かい合ってる

感じがします。

(哀しいけど最近それを持ってるクリエーターの方が少ない)

今は少なくなった下町の人情みたいな”温かさ”を描きながら

所々にプロの厳しさも入れています。

印象的なセリフで

「プロになるとは止まらない列車に乗るようなものだ」

「もう二度と降りる事はできない」

「負けたくないと喘ぎながら....」

という主人公のセリフがあります。

漫画家やクリエーターにとって登場人物は自らの分身です。

男だろうが、女だろうが、老人だろうが、

自らを語る代弁者としてそこに”ある”のです。

羽海野チカがプロとしてどー考えてるか分かるシーン

ですね。

2巻の巻末ページでさりげなく資料として撮った写真が2万枚

とかいう話を聞くと凄さを感じてしまいます。∑(=゚ω゚=;)

自分はどーしても同業者としての目線で漫画を観てしまいますが

一般の方はただ”楽しみながら”観ておもしろい漫画だと

思いやす。

自分は将棋の知識がまったく有りませんが、そこはまったく

気になりまへん!

気軽に読んで見てわぁ~?

オススメですよぉ~!(=゜ω゜)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

一枚18万円のCD!?

皆はまーーっ!一枚18万もするCDがあるの知ってまっか!?

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

ビクターから80周年記念に出されるCDなんですけど。

http://www.jvcmusic.co.jp/crystal/#PointArea

いんやー驚きっ!!(゚0゚)

誰が買うんやろ。

因みに自分はこの中の村冶佳織の”アランフェス協奏曲”は

DVDAUDIO(DVDの音楽のみのソフト。CDより音が良いっ!!)

で持っていまふけどね。

CDの素材がクリスタルガラスで出来てるそーな。

(記録面はゴールド)

これにより信号誤差も少なく、耐久性、反りなどに強く

年数が経っても劣化がないとか言うてますけど

ホンマかいな? ( ´・ω・`)?

つーか落としても割れないんでしょうか?

普通のCDプレーヤーで聴けるそーなんですけど

どんな音すんやろね。

聴いてみたい気もしますが18万はありえへん!!

持つのに手が震えそうれす!(lll゚Д゚)ヒーッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

レオナルドぉ~!

どもっ!こんにちわっ!(*゚▽゚)ノ

レオナルド・ダ・ヴィンチの”全絵画作品・素描集”つーー

本を買いまんにゃわぁ~。↓

Reo3

でかいっ!!∑(=゚ω゚=;)

対比の為にタバコ置いてみますたぁー!

(ちなみにタバコはもう吸ってにゃいよー!!

こいつは2年前にぶっ倒れる前に吸ってたタバコ。

記念に取ってあります( ^ω^ ) )

厚みもありまふ。↓

Reo_2

本屋さんで見かけて買おうと思ったんすけど、

でかくて重かったんで(5kgくらい)アマゾンで注文しやした。

中身もかなりのボリューム。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

絵がかなり大きくのってるので良いです。↓

Reo2

これで9300円はお買い得!?(・_・)エッ....?

(この手の画集にしてはかなりのコストパフォーマンスかと)

因みに皆さんさすがにダ・ヴィンチは知ってますよね~?

ルネッサンス時代に活躍したゆーめいな画家さんです。

絵画だけじゃなく、彫刻や科学にも秀でていて、

後世に多大な影響与えた人ざんす!

(音楽的才能もあって、リュートの演奏も上手かったそーよ)

そんなダ・ビンチさんは天才ゆえの変わりモンだったよーで

作品依頼されても上げないとか、ひねくれオヤジだったよーで

現存してる作品も少なく、実はそんなに優雅な生活は

してなかったよーです。

活動場所も転々としててりしやす。

発明に長けてたせーもあって、絵画においても革新的と

いうか、色々実験的なコトもしてますたぁー!

”スフマート技法”とか(筆後を残さずにぼかして描く)

空気遠近法とか正確なパースペクティブの確立とか

色々開発しておりんす。

だどもーーー!全て成功しとるワケではなくーーっ!

絵の具とかも独自の方法を試していたせーで上手く

いかなかった作品も多い。(ノ∀`) アチャー

”最後の晩餐”も壁画は本来フレスコ画なのをテンペラ画で

描いた為絵の具が剥落してしまっているのれす。(´Д⊂グスン

”アンギアリの戦い”という絵に至っては特殊な絵の具を

用いた為、描いてる途中に絵の具が溶け出し、

完成せずに幻の作品になってしまいやした。(´;ω;`)ウウ・・・

ただし、そんなありものに囚われず、常に改革、革新しよーと

する気持ちがあったからこそ現代においても

偉大な芸術家として名が知られているのだと思います。

人のマネや同じ方法でやってても新しいモンは

生まれないのよね~ん!

失敗の先に成功があるのれす。

その成功はずーーーーーと後にならないと気がつかない

コトもあるけど、諦めないヤツだけがたどり着けるトコ

にゃのね。

諦めたら先に道はないのさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

ホンダF1撤退と日本経済

「寒い時代だと思わんか?」

いきなりガンダムのワッケイン司令のセリフ引用させて

貰いましたが。(ヲタクネタですまん!) o(_ _)oペコッ

ホンダがF1から撤退発表しやした。(´・ω・`)ショボーン

まぁ、早い話お金が無いとの事。

現在のF1はホントにお金が掛かるよーでし。

今年シーズン途中で撤退したアグリホンダも資金繰りが原因。

アグリ氏いわく”今のF1は費用を含め時代と合っていない”

との事。

現在のF1は年間費用が400億とか掛かるとか!!

かつて80年代にホンダブームを起こした当時は100億

程度だったそーな。

その上現在はメインスポンサー料ってのがほとんど

入らなくて大変みたい。

さらに米国のサムプライムローン問題に端を発した

世界レベルの不況が追い討ちかけたよーですね~ん。

来年はホンマに世界恐慌のよーな状況になると思うので

色々大変なコトになるでしょーねー。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

大企業の合併とか。生き残るのが大変になるよー!

大手は小さいトコ吸収して、ますます企業格差

広がるだろね。

ダメな企業は次々潰れてくでしょう。(。>0<。)

日本だけの問題だったら外資系とかが買収とかもあるで

しょうが、世界レベルの不況なのでどこの国も買って

くれへんやろしね。(自分の国で手一杯)

自分らのお仕事(お絵かき業界)は不況カンケーないとか

思ってる人もいるかもしれないけんど~、

むしろ逆!!(゚0゚)

不況なれば生活必需品じゃない娯楽産業は真っ先に

切られます。

スポンサーがお金出してくれなくなる上に消費者の

買え控えが進むので八方ふさがりですわ!

オマケにただでさえ売れるモノしか作らん世の中なのに

さらに追い討ちかけるよーになるので、ますます流行モノ

ばかりのおもろない商品ばかりになるやろね。

(続編とか有名タイトルばかりのね)

ホンマは冒険しないとおもしろい商品なんて創れないのにね。

けんどぉー!こんなコトでは負けませんよおーーー!!

がんばって!気張って!抵抗して!

少なくとも自分自身が納得出来る仕事をするのさっ!(*`∧´)

エイエイオッー!!( ^ω^)/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »