« 修正してみた。 | トップページ | タイトルバック変えたでごわす! »

2009年1月24日 (土)

アニメ制作費に公正取引委員会がぁっ!!

どうもぉ~ (◎´∀`)ノ

今日神奈川相模原はちらっと小雪がまったのですが~

ほんの10分でやんでしまいやした。( ̄◆ ̄;)ザンネン

えー、本日の読売新聞にアニメの制作費が安い!との記事が!

公正取引委員会がアニメ会社にアンケートを取った所、

4割の企業が発注元(TV局やスポンサーです)から不当に

安い制作費を押し付けられたと回答。

まぁ~、一部の人達には常識ともなってるアニメの不当賃金のお話

ですがぁ~、

こーゆーことを大手新聞社が載せてくれるよーになっただけ

時代がましになったと観るべきか。(. ̄  ̄.)

こんなの自分がアニメーターになった20年以上前から

分かってたことだし。

元を正せば手塚治虫が最初のTVアニメ(鉄腕アトム)を作る際に

TV側が示した制作費の半分で受けてしまったトコが原因なワケで。

(これの真意は分かりませんが、TVアニメを虫プロで独占したかった

為に他社が出来ない金額にしたとか、しないとか?)

まぁ、結局どこの会社もTVに参入して、不当な金額のみが常識と

なってしまったワケです。

(それまで劇場作品を作ってたアニメーターは高給取りだったのです!)

しかし原因は発注元のみにある訳でなく、当然そーゆー金額でも

受けてしまっているアニメ会社側にもある訳です。

しかし最近ではこーゆーコトが良くないと思う経営者も多く、

現に一部のアニメ会社は高い制作費で制作したりしてるのです。

その結果、業界内の2極化が進み、

一部の企業は有能なアニメーターを高額で抱えて

レベルの高い作品を作る。

(スケジュールもある)

(一部には年収1千万稼ぐアニメーターさんもいるよーです)

そーゆーコトが出来ない弱小企業は低予算で、あまり優秀でない

スタッフと共にスケジュールのない中、粗悪な作品を作り続けてるのです。

しかしこれはある意味資本主義の典型的な形だし、

有能な人が他の人と同じ金額でやることの方がおかしいとも

いえる。

業界全体を写してみれば、今のアニメ業界はかなりひどい!

しかし、一部では良くなってもいるのです。

まぁ~それも今年からは変わってくる気もします。

今儲かってる企業も利益の多くは制作費からではなく

二次版権(DVDやおもちゃなど)に頼っているのです。

これは昔からそーだったのですが、昔のメインはおもちゃ。

今はDVDの売り上げが大きいそーです。

(アニメのDVDが高いのはこのせい)

今一部ではアニメバブルと言われ今までアニメに関わらなかった

企業が次々参入しています。(儲かると思われて)

ところが、この不景気でDVDが売れなくなっいます。

(これは不景気になる前からややそーだったのです)

そーなるとこの手の企業はカンタンに手を引きます。

(別に思い入れも何もないからね)

これから生き残るのはホントに地に足をつけた企業。

この業界ならクリエーターとユーザーの事を真剣に考えてる

企業だと思います。

この不景気によって内部の膿も出て、再編化されるコトを

願います。

|

« 修正してみた。 | トップページ | タイトルバック変えたでごわす! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215155/43840248

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ制作費に公正取引委員会がぁっ!!:

» 航空整備士の年収 [航空整備士の年収]
航空整備士の年収 [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 09時18分

« 修正してみた。 | トップページ | タイトルバック変えたでごわす! »