« 40000ヒッツ記念ですぅ~ | トップページ | 今日はついてない »

2009年5月24日 (日)

デッド・カン・ダンスとな。

どもー。こんばんにゃー ヘ(゚∀゚ヘ)

今日は久々にけんちゃんのCDレビューのコーナーです。

Dedo

デッド・カン・ダンスの”エイオン”というアルバムです。

えっ!?ご存知ない? (゚0゚)

そりゃーそうだわな。

オラもこれ買うまで知らなかったモン!

デッド・カン・ダンスは‘84年にイギリスの4ADという

インディースレーベルからデビューしたバンド?で

‘96年までに8枚のオリジナルアルバムを出しています。

現在は解散。

メンバーは当初は4人組ですが、‘84年時点で

ブレンダー・ペリーとリサ・ジェラルドの男女ペアになっています。

(最後までこの二人)

ヴォーカルも二人でとり、曲も二人で共作してるようです。

肝心の音楽ですが、デビュー当初は”グランジ・ロック”

色合いが強いロックよりの音ですが、このアルバム(5枚目)は

もはやジャンル分け出来ない不思議なサウンドです。

アルバムジャケットにはボッシュ(オランダの有名な画家)を

起用してるとこからも想像出来ますが不可思議で怠惰で

ありながら哀愁と儚さを感じさせるよーな音。

民族楽器や古典楽器を使ってかなり昔の15世紀とか

古いクラシカルなサウンドでありながら、現代的な

アレンジもある正に捉えどころのない感じ。

古いよ~な、新しいよ~な? ┐( ̄ヘ ̄)┌

誰とも似てないサウンドです。

実際楽曲に14世紀や16世紀の民謡をアレンジしてたり

そのあたりを”オマージュ”しているようです。

いわゆる”売れ線”サウンドとかかなりかけ離れたサウンド

ですが、そのあたりの音に飽き飽きしてる人達にはオススメ!

録音もすばらしく”音”に浸れます。

(このCDはCDとSACDのハイブリット版でどちらでも聴けます)

(SACDプレーヤーを持ってる方はぜひ聴いてみて!)

((トーゼン自分は持っています!エヘン!( ̄ヘ ̄)おおいばり))

(もちろんただのCDプレーヤーしか持っていない

貧乏人の人達も聴けます)

SACDを知らない方はこちらの説明をどうぞ↓

http://www.super-audiocd.com/aboutsacd/

まぁ、要は音が良いってワケ。

そして”歌がうまい!”二人ともね。( ̄▽ ̄)

上手いとは、3オクターブ出るとか、”シャウト”出来るとか

高音が出るとかそーゆーことじゃ無いです!!

上手いとは人の心をうつ”何か”があること。

自分は上手いです~みたいな感じで自己陶酔してる

その辺の連中のことではありません!

(誰とはいわんけんどね~ ( ´艸`)プププ)

ホントは声域も声量もものすごいあるのに

そこをこれ見よがしにはしません!

実に余裕をもって"唄って”います。

バランスもすばらしい!

自分はこれが気に入ったのでこの後3枚別のアルバムを

購入しました。

(そちらもそれぞれ味があってすばらしい!)

ちっちゃなCD屋さんには置いてなさそーですが、

大きなCD屋さん(外資系のとか)には置いてあります。

近くに大きなショップがない”いなかモン”の人達は

アマゾンとかで購入してみてわ?

”ポップ”な曲や”アイドル好き”にはまったくオススメしません

けどね。(○゚ε゚○)

|

« 40000ヒッツ記念ですぅ~ | トップページ | 今日はついてない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215155/45120282

この記事へのトラックバック一覧です: デッド・カン・ダンスとな。:

« 40000ヒッツ記念ですぅ~ | トップページ | 今日はついてない »