« 京都アニメーション | トップページ | フェラーリ312T制作記① »

2019年9月 6日 (金)

ニキ・ラウダ

こんばんち。

結構前になってしまうんでしが、元F1ドライバーのニキ・ラウダ氏が

亡くなりましたね。(たしか5月下旬)

ニキ氏と言えば70年代から80年代前半を代表する伝説のドライバーざんす。

3度の年間チャンピオンになってることも偉大ですが、

なんといっても彼の名を有名にしたのは76年の大事故でし。

その年のランキングでは、ほぼチャンピオン確定的な状況で迎えたドイツグランプリで

クラッシュして車が大炎上!!

その際に衝突のはずみでヘルメットが脱げる不運。

しかし、仲間のドライバー達がレースをやめて炎上する車から彼を助け出します。

何とか一命は取り留めましたが、顔を含めの大やけど。

再起するのは難しいと思われましたが、

ナント僅か6週間後のレースで復帰!

顔がヤケドで爛れ頭には包帯ぐるぐる巻き。

結果その年のチャンピオンは最終戦の日本グランプリで僅か1ポイント差で

ジェームス・ハントに逆転されて逃しますが、

まさに執念のドライバーざんす。

この辺のお話は映画ラッシュで観れるので興味のある方は調べてみてね。

ラウダ氏は一度79年で引退しますが、82年に復帰。

84年にアラン・プロスト(同じチーム)との大激戦を制し

今度は僅か0.5ポイント差で3度目の年間チャンピオンになるざんす。

この辺のドラマチックな感じがたまらなく良いですね。

現役時代も引退してからも事故の際に燃えた車から出た有毒なガスを多量に吸って

しまったため肺の合併症で何度も手術を繰り返していたそうでし。

ただ70歳まで生きて人生を全うしたのでないでしょうか?

と。

いうコトで(前置きが長くなりましたが)むしょうにラウダ氏が乗っていた

F1カーのプラモが作りたくなったのでし!!

所がいざ調べてみると当時のマシンはどれも廃盤。

(いちおう3度目のチャンピオンカーが唯一あったのですがマクラーレン)

(ラウダと言ったらなんと言ってもフェラーリです!!)

中古で色々探したのですがどれもプレミア価格でびっくり!!

そげな中何とかハードオフで見つけたのが下のもの。

Photo_20190906180901

6500円でした。

箱が破けてたのでこの値段。じゃないともっと高いようでし。

幸いパーツに問題ありませんでした。

今回は結構資料を集めたのでがっつり改造して実車に近づけてみるざんす。

Photo_20190906181401

その様子は後日。

ほな。

|

« 京都アニメーション | トップページ | フェラーリ312T制作記① »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都アニメーション | トップページ | フェラーリ312T制作記① »