オーディオ

2016年2月18日 (木)

アナログレコードはメンドイ

どもども(* ̄0 ̄)ノ

この前書いたアナログレコードのつづき。

実はレコード聴いてる内にレコードの終盤(A面なら4曲目とか5曲目)

になるとノイズが入ったり音が歪んだりするレコードがあることを発見。

なんでや?┐( ̄ヘ ̄)┌ ?

ってことで何かミスをしてるみたい。

色々調べてみるとあやしいのが”オーバハング調整”

オーバーハングってなんや?って人に。

レコードプレイヤーはカートリッジの取り付ける時に針先を

レコードの中心から少し長め(オーバー)させてつける決まりが

あります。(取り説に書いてある)参考↓

Photo

今まで意味も考えずに書いてあるからそーしてたのですが

実はこれカートリッジの角度が常に同じ様な角度

レコードに当たるようにするためらしい。

自分は図のように根元位置で合わせていた(家のアームは

14ミリ)のですが、よくよく調べてみると3箇所で計らないと

いけない様です。

測るスケールのようなものがある。

Photo_2

アバウトですがこんな感じ。

それぞれきまったポジションがあってそこがずれてると

ダメらしい。

ほんでもって改めて測ってみると

ありゃ?全然ずれとる?

なぜ?( ゚д゚)ポカーン

実はねカートリッジを付け替える時にヘッドシェルを純正の

物から交換したのですが、その時に大きなミスをしてました。

純正のものはアームに対して少しナナメに角度をつけてつける形。

それを気づかずにまっすぐつけていました。

Amu

この場合”オーバーハング”ではなく”アンダーハング”にしないと

いけないようで。

Apsd

アームの長さの関係でこれはムリと判明。

つーことで純正ヘッドシェルに戻しました。

Photo_3

UP

Photo_4

わかりづらいがこの様にアームに対して角度がついてる。

再度こちらで調整。

なるほど3点で合う形になりました。

めでたしめでたし。( ̄Д ̄;;

ちなみにこれ以外にもアームの水平とったり全体の水平測ったり

ホンマやること多い。

ちなみに針圧の調整お忘れなく。

針圧計ってのが売ってるのでこいつが便利でし。

Photo_5

針圧合ってないとレコード盤や針先傷めるので気をつけよう!

ちなみに正しく普通に使っていれば(スクラッチとかせずに!)

1000時間くらいじゃ針先はダメにならないよ。

おそらく10000時間とかも大丈夫なはず。

そーそー!肝心の調整後のノイズですが。

やっぱり入ってる。(。>0<。)

レコード盤自体の問題の様で。

まぁ調整でレコードや針先の負担は減ったはず。

こりからは気長に聴きますわ。

ほな。人( ̄ω ̄;) スマヌ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

レコードの話

トートツですが、最近レコード鑑賞にハマっておりんす。

元々レコードプレイヤーは持っておったのですが、

実はそれほど聞いてるわけじゃなかった。

と、言うか家のプレイヤーは少し不備があって

(壊した)アームの接続コードが切れてしまっていたため

はっきり言って10数年聞いてなかった。

それを一大決心して自己修理。

ほんだら、意外なほど良い音になったんで、

それ以来色々改良して楽しむよーになったでゲス。

ちなみにお家のプレーヤーはヤマハのGT-2000L

と言うマニアも欲しがる名機なのれす。↓

Gt2000

写真だとあまりきれいじゃないが、今はすこしクリーニング

したため、も少しきれいよ。

しかもオプションのYSA-1というストレートアーム付きの

スペシャルバージョンざんす!!

(カートリッジ(針先のことよ)曲がっていますが、治してますよ。)

Amu

こいつ、20数年前に中古で購入。

格安だったため衝動買いだったが、今だとこのアーム

だけでそーとーな値段になってるよーで驚き!

因みに修理箇所はカートリッジの接続コード部。

Harisaki

うす緑の部分ね。

これショボく見えるが純銀コードなのよ。

アキバのオヤイデ電気で購入。

ほちょいので2本束ねて使用。

こいつに変えて音が変わった!

こんなしょぼいのに音はしょぼくない。

おおっ!てなるぐらい変わる。不思議やねー。

因みに元はこんなの

Photo

この縒り線が死ぬほど扱い辛い!!

カートリッジ変える度に付け直すんですが、

せまいトコにごちゃごちゃしてるんでつけ辛いったらない!

そんなんで切断してしまいますた。

まぁ、ケガの巧妙。良くなったんでOK!

それ以来改良にハマっていまふ。

カートリッジはシェルターの501ーⅡに変更。

足は元々ゴム製だったのをコルク製に。

間に弾まないゴムのインシュレータははさんでいまふ。

最近コードの端子を変更してみました。

Tansi

ワイヤーワールド製に。

こいつが中々良い!。

2400円くらいだったがお値段以上!の効果。

(ニトリとはわけが違う!)

現在は生産終了らしい。(残念!)

ちなみに自分は某古本屋のジャンクレコードを

買いあさってまふ。

何せ1枚100円!!(たまに掘り出しモンもある!)

最近プチレコードブームのようで、

巷ではやれ”CDより音がいい!!”だの言われてまふが。

自分に言わせればCD<レコードではないです。

CDにも良い点沢山あるし、便利だしね。

保存はレコードの方が上かな?

50年前のレコード聞けるけど、30年前のCDやばい。

自分の持ってるCDで再生不能なのいくつもあります。

はぁ?肝心の音の差!?

そんなの持ってる再生システムでまったく変わるよ。

家のLINNのCDプレーヤー(UNDISK)すんばらしいし。

どっちもそれぞれの魅了ありますよ。

日本人って何でも比べて結論つけたがるけど

そんなの自分が良ければそれでいいじゃん!

と思うこのごろ。

ほなね。(o^-^o)ばーい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

自作スピーカー⑤(ラストざんす)

おはこんばんちわ!(*^-^)
今更ですが、自作スピーカーのその後。
(いやーすっかり忘れていただよ)

いや完成してますよ。もう大分前にね。

といあえず経過報告。

Photo

じゃーん!塗装写真!
一見すんとーきれいに見えるが、結構失敗してる。( ̄Д ̄;;

当初模型用のエアブラシで塗装してみたのですが、
やはり面積が大きいモンには不向きで、
塗り終わるのに一年くらいかかりそーだったんで、
スプレー缶に変更。

スプレー缶は噴射の調整が出来ないんで、どーーーしても
ムラとかでちゃうのねー。
ヤスリの処理も甘かったよーで結構キズだらけ。トホホ。

まあ、気が向いたらまた塗装し直しますよ。
高出力のコンプレッサー買いますわ。(音が静かなヤツで)

てな訳でとりあえず完成!↓

Photo_2

まあ、それなりに見えるんちゃうか?(遠目だと)

肝心の音の方ですが、
調整が大変で。(抵抗をいじって調整しまふ)

要はツゥイ-ターとのバランスが難しくて。(;;;´Д`)ゝ
高音寄りにするとクラシックやジャズではいいのですが、
ロックだとやかましい感じに。

抑えると逆の作用で。

どちらも程よいバランスにするのがムズイ。
まあ、最後はあきらめというかムリやりというか
キリがないので納得ということで。

完成から5ヶ月くらい経ったかな?
エージングもすんでまあまあ良い感じかな?

最初にしては上出来ですよ。

メインで使ってるTHELのCS2.2には及びませんが、
定価10万くらいのスピーカーよりはいいかな?って
感じダス。

ほな、スピーカーはこれにて終了!

最近は電源周りの改造に凝ってまふ。
これがまた奥が深いんだな。

そいじゃ そのうち。(* ̄0 ̄)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

自作スピーカー④ツィーターが付いたー!

こんにちち!!(o^-^o)
スピーカーにツィーターを付けたのさっ!
手順はこちら↓

1

まず取り付ける為のパーツの切り出しざんす。

2

取り付けパーツざんす。
ツィーターを取り付ける前の写真を撮り忘れたざんす。
ツィーターはFOSTEXのT90Aというヤツざんす。
フルレンジと同じメーカーにしました。

3

後ろはこの様になってるざんす。
パテで固定しちゃいました。(もう中古とかに出せないね)
写真が逆さなのは無重力状態で撮ったからです。(ウソ)

4

ほんでもって、本体に穴開けるざんす。
ほんだら取り付け。
因みに以前も話したよーに2WAYスピーカーにするには
ネットワークちゅーもんが必要だす。
その辺のことは色々勉強してみました。
非常に参考になったのはこちらのサイト↓

http://sakumo.kir.jp/V_kraft/AUDIO-4jisaku-SP-04.html

http://www.asahi-net.or.jp/~ab6s-med/NORTH/SP/netwark_canvas.htm

上はネットワークがドーユーもんかちゅーのを
ボクちゃんのよーな少しおバカちゃんでも分かるよーに
説明してくれてるありがたいサイトさんず。

下は数字を入れると、どの様なパーツは必要なのか
瞬時に出してくれる数字と計算が大の苦手なボクちゃんには
とっても助かるサイトさんず。

これらを踏まえて、8000Hzでクロスオーバー、12dB/oct
にしました。
F120Aはフルレンジ、T90Aはスーパーツィーターなので
普通のクロスオーバーよりは高めにしました。

T90Aはクロスさせずにそのまま追加することも出来るよー
なのですが、それだと高域が”うるさい”のでちゃんとカット
しました。

5

取り付け図ざんす。
因みに低音用のサブウーハーは500Hzでカット。

(収音材ははずしてありんす。)

さらにスピーカーには能率ちゅーのがあって、
まぁ言うならば音の大きさがバラバラなのです。
(音圧レベルで表示)
それをだいたい同じ大きさに合わせる為にアッテネーター
なるもんを付けてやるざんす。
分かりやすく言うとボリュームだよ。

抵抗をつけて音の大きさを調整するのです。
ボリュームのように回して調整出来るのを可変アッテネータ。
数値を特定してつけるのを固定アッテネータといいまふ。

今回は固定式にしました。

6

ツィーターはこのように付けるざんす。

7

こんなんなりましたー!!
(色は仮塗りだよ)

とりあえず形状は完成。
後は細かな音調整(こいつが大変!!)と塗装。

いや。塗装苦手なのよね。(。>0<。)
絵描きが言うな!と意外に思うかもしれんが、
不器用なもんで。
プラモでもそーだが、塗装でまったく
失敗せずに完成した試しがない。(´・ω・`)ショボーン

どーなるコトやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

自作スピーカー③デザイン変更

おつかれー。o(*^▽^*)o
自作スピーカーのデザイン変更加工の様子ざんす。

Photo

上の部分のでっぱりノコギリちゃんでギコギコ削りまふ。
結構きちゃないが、この後パテで埋めるので
気にせず”オラオラー”とやっちゃいまひ。

Photo_2

パテ埋めざんす。

Photo_3

パテで埋めたらヤスリがけ。
ほら、こんなにきれい!

Photo_4

ほんだら、”サーフェイサー”ちゅーもんを吹きまふ。
こいつは模型などに使う細かな傷とかを埋めてくれる
薄く溶いたパテざんす。
塗装の下塗りざんすよ。

Photo_5

ほらほら。
良く観ると細かな隙間やキズがあるざんしょ。
これをまたパテ埋めしてヤスリがけするザンスよ!

Photo_6

こんなんでましたぁー。
まぁデザインはこんな感じに。
細かいトコは後で直しまふ。
デザイン変更はとりあえず終了!
問題の音のほうですが、フルレンジ一個の限界をみたんで、
ツイーターを足して2WAY方式に(正確には3WAYだが)
変更することにしました。
どーしても高域がガチャガチャするんです。
クラッシックギターとか四重楽章とかは非常にきれいに
鳴るんですが、ロックとか大規模オーケストラとかになると
音がゴチャゴチャして良くないかんじ。
例えるなら、休み時間の教室みたい。
皆がそれそれ勝手に話をしてて何がなんだかわからん感じ。
わかります?この例え。
つーことでつづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

自作スピーカー②低音再生

どうもこんばんち。

スピーカーのその後です。( ̄ヘ ̄)

とりあえず、低音が出ないので色々勉強してみました。

まず、スピーカーの形ですが主に3パターンあります。

バスレス型。箱に穴が開いたタイプ。

密閉型。箱を塞いだタイプ。

バックロードホーン形。箱の中を迷路状に仕切った特殊タイプ。

現在主流はバスレス型です。

皆さん持ってるスピーカーもどこかに穴が開いてませんか?

開いてたらバスレスです。

何故このよーな種類があるかというと要は低音の出し方

違いのよーざんす。

そもそもスピーカーを箱に入れるのは低音を増強させる為。

高音は箱に入れなくても響く?のですが、低音は入れ物を

使わないとまったく響かないのれす。

そのため色々な箱の型を作って工夫しとるようでし。

因みに低音量は密閉型<バスレス<バックロード

言った具合でバックロード型が一番出るようです。

ところが、このバックロード型。

市販のスピーカーじゃほとんど見ません。

どうも作りが特殊で手間、コストが掛かる為あまり作られない様子。

家のスピーカーはと言うと、ダブルバスレスというバスレスでも

より低音が出るタイプだったようです。↓

Photo

ヘタな図でスマンです。

この様に箱の中を2つに仕切って(色々な仕切り方がある様です)

より低音が出るようにしてる様ざんす。

(それぞれ仕切りには穴が開いてます)

では、何故低音が出ないのか?

低音を出すには箱の中で空気を対流させてあげないといけない

のですが、上と下の穴がまっすぐ繋がってしまってる為

対流が起きず低音が出ないのでは?

と思ったりするとです。

その証拠に元々の仕様なのか、前のユーザーさんが

低音を出そうと工夫したのか、下の穴の上にベニヤ板で敷居を

つくって直接空気が抜けない様にしてありました。

ただ、作りがショボイのでこれはとってしまいました。

取っても低音に大した変化はありませんでした。

つーことで仕方にゃいので低音用にサブのウーハー(低音

用のスピーカーユニット)を付けることにしました。

買ったのはWavecorのSW070WAというヤツ。

これにしたのは単純に箱の下に開いた穴のサイズに

ピッタリはまりそーだったからです。

付けてみました。↓

Photo

この様になってます。

つまり箱の下に向けてついてます。

前に付けなくてよいの?と思われますが。

実は低音だけなら方向性は余り関係ありません。

真上につけようが、後ろにつけようがそれほど

変化ありません。

(中音、高音は指向性が重要なので前面にないとムリ)

肝心の音ですが、当初サブウーハーはスンゴイ低音が

出ると思っていたのですが、あくまでサブ。

いわゆるスーパーウーハーの様な音はしませんでした。

まぁ、補助ってことで。

ウーハーで穴が塞がってしまった為、必然的に密閉型に

なりました。

しばらくこれで聞いていたのですが、やはり低音が納得いかない。

つーことでバスレスに変更。↓

Photo_2

2つにしました。

因みにただ穴が開いてる訳じゃなく中に筒(塩ビのパイプ)

をつけて空気の流れを作ってあります。

(バスレスは大抵そーなってます。紙の場合もあり)

やっぱこの方が低音は出るようです。

満足って訳じゃないですが、とりあえず良しで。

音は低音だけじゃなく中、高音にもチト問題ありで

その辺含めネットワーク関係も色々調べておりんす。

それよりも、このデザイン

はっきり言って気に入ってません。

とりあえず、値段重視で買った箱なのでちょっと。

Photo_3

古臭いちゅうか、ダサイねん!(じゃあ買うなよ( ̄Д ̄;;)

昔のタンノイ(有名スピーカーメーカー)とかを意識した様な

感じですが、材質がバーチクル材(木のチッップを接着剤で固めた

ヤツ)の塩ビ張り。

はっきり言ってBOX棚と変わらんので安っぽいんだよね。

ちゅーことでデザインも改良することにしました。

その辺は次回、ということで。

ほな。(* ̄0 ̄)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

自作スピーカー

こんちわっ!!!!!

自作スピーカーなるモンを作っておりんす。

何度か言っていまふが、自分はオーディオファンなのれす。

真空管アンプを自作(キット製)したり、ちろっと改造なども

やっていまふ。

シカーーーシ!!スピーカーの自作だけは手を出すまい

心に誓っておったのです。

理由はスピーカーのシステムは余りに感覚的で

なおかつ正確さを求められる上、少なくともまったく同じモンを

2個作らなくてはならないという

”だいたい”と言う観念だけで生きている自分にとっては

まったく向かない作業を強いられるからに他なりまへん。

そげな自分がフとしたコトでちと手を出してしまいました。

スピーカーを作る歳にはネットワークという

メカニカルなパーツを組まなければなりまへん。

この理論がちんぷんかんぷん(?)なのれす。

ところがデス!

フルレンジという1個のスピーカーユニットだけの

スピーカーはネットワークなる面倒くさいモンを

付けずにそのままコードさえ繋げば良と言うでは

あーりませんか!

おおおっ!つーことで作ってみました。↓

Dsc_0071

こんなのー!!

因みにユニットはFOSTEXのF120Aつーヤツ。

箱(エンクロージャーという)は中古のオーディオショップに

8000円で売ってたので買いました。

(個人ユーザー所有ですが、山水という今はなき

有名メーカーにたのんで作らせたオーダー品とのこと)

つーことで作り自体はしっかりしとるみたいです。

作り方は箱にユニットつけて(穴は最初から開いてました)

コード繋げて、見えませんが後の端子から

アンプに繋ぐだけ。

コレで完成!!カンターン!!ヽ(´▽`)/

バンザーイ!!ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

肝心の音は?

おおっ。

中々きれいな音が出るではあーりませんか。

うん、うん。うん??

んっ?なんじゃ?高音は中々きれいじゃが低音が

まったく出ない。

これじゃTVに繋いでるPC用の小型スピーカーより全然

出てねー。(汗)┐(´д`)┌ヤレヤレ

あーあー。

やっぱり色々と手を加えるコトになりそーレス。

やっぱすきやねん!改造がね。( ̄▽ ̄)

つづく(気が向いたらね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

あけまして

あけまして。 o(_ _)oペコッ

今年もよろしくざんす。

それはソート、トップ絵を久々に更新したざんすー!

皆ハンは音楽好きですかぁー?

自分は音楽がないと生きていけません。Σ(゚д゚;)

仕事はいつも音楽を聴きながらやっていまふ。

つーか、音楽(音)が流れてないと集中できなかったりします。

最近は携帯デンワで音楽を聴く人が多いそうで。

携帯やアイポッドも良いですが、たまにはちゃんと

オーディオシステムで音楽を聞いてほしいザンスね。

ミニコンポでも良いからちゃんとスピーカーからの

音楽をきいてみてちょ!( ^ω^ )

出来ればMP3データじゃなくPCM(WAVE)データでね。

気楽や便利もいいけど、いつもそれに慣れてしまうと

いざって時にとっても怖い気がします。

感性を磨く上でも良いモノ、ホンモノを観る習慣をつけましょう!

ほな、マタネー!!(=゜ω゜)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

家の新しいオーディオ仲間

ども。  こんばんみ。 o(_ _)oペコり

去年は色々とオーディオをいじっとったんですが、

ほぼ落ち着きましたね。

ようやく安定した感じ。(* ̄ー ̄*)

(まだまだ色々いじりたいんですが、切りがないのと

予算の関係上この辺にしておきマフ)

Supika

Avanp

Anp

ご紹介しますと、上からサラウンド用スピーカー

オンキョウ  D-202AX LDT(リミッテド)

AVアンプ

デノン  AVC-A1SEA

パワーアンプ

アキュフェーズ  P-300L  となります。

家に来た新しいお仲間さん達です。heart

いんや~、AVアンプが壊れたのが予想外で痛い出費と

なってしまいやしたが、まぁ音が変わると気分も変わるし、

いままで聴いてたり観てたモンに新たな気持ちで接するコトが

出来るんで楽しいでしゅ!ヽ(´▽`)/

自分的な感想でやんすが、

サラウンドスピーカーはオンキョウってメーカーらしく

高音がきれいで”いわゆる今風”な音がします。

すんごい低音はでませんが、サランドスピーカーとしては

かなり優秀な音になりました。

AVアンプは以前持っていたのもデノンのモノなので

サウンド的に大きな変化はありませんね。

ただしこちらの方が新しいので色んな機能で上を

いっています。(お値段もこちらの方がランクが上)。

そんでもって色々自分的に物議をかもし出したにょが

パワーアンプのアキュフェーズ P-300Lざんす!!

オーディオファンの方はご存知だと思いますが、

一般の方はこのアキュフェーズというメーカー知らんのでは?

これは知る人ぞ知る高級オーディオのみを創り続ける

日本のメーカーさんでしゅ!!(゚0゚)

創業は1970年代前半。

元々トリオというメーカー(今のケンウッドね)から独立した

10数名のメンバーで立ち上げた会社。

それが評判を呼び今じゃ世界的にも有名なメーカーに

なっておりんす!∑(=゚ω゚=;)

創業当初から高級機しか創らない!

アンプやFMチューナーなど限られた製品しか創らない!

デザインセンスがださい!!(30年間ほとんどデザイン変わらない)

まさに情熱だけで世界規模の企業にまでなったんでしゅね~。

えらいでしゅねぇ~。( ̄▽ ̄)

自分もずーーーと興味はあったのですが、敢えて手を出さずに

いたんですが、買ってしまいやした。 ( ̄Д ̄;;汗

オレもアキュフェーズ手~だすよーなったら終わりだね。

肝心のサウンドでがんすが、最初聞こえた音は何か奥まった感じで

ちっとも良い感じがしません!!

何か音が前面に出てこなくステレオ感も弱い気がっ!!

うっそ!?こんな音?って感じ。

うんだもんが、時間が経つにつれ段々音が良くなって来やした!

(どうも中古屋であまり通電してなかったのか中身が

眠っていたよーでし)

非常に”きれい”な音がします。

以前のビクターのM-L10とはかなり音の傾向が違うよーです。

ロックとか聴くとやや大人しめで少し物足りない感じも

あるんですが、クラッシックやアコースティックのモノを聴くと

非常に上品で良い音がしやす。(* ̄ー ̄*)

あ~、よーするに自分の耳はいわゆる貧乏耳なので

こういう音に慣れてにゃかったのねぇ~って思いました。

ロックなんて元々音を歪ませてるモンなので若干ノイズのってる

くらいがちょうど良かったりする。

今ではすっかりこのサウンドが気に入ってまふ。

最近そのせいかクラッシックやアコースティックのものを

良く聴きやす。(元々好きでしたが)

もちろんロックも好きにゃので聴きますよ!(*゚▽゚)ノ

ソン時はプリアンプで低音を若干強調してまふ。

こーするとロックも良い感じになりんす!

音楽たのしねぇ~!!\(^o^)/

しばらく楽しめそーーーっす!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月11日 (木)

一枚18万円のCD!?

皆はまーーっ!一枚18万もするCDがあるの知ってまっか!?

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

ビクターから80周年記念に出されるCDなんですけど。

http://www.jvcmusic.co.jp/crystal/#PointArea

いんやー驚きっ!!(゚0゚)

誰が買うんやろ。

因みに自分はこの中の村冶佳織の”アランフェス協奏曲”は

DVDAUDIO(DVDの音楽のみのソフト。CDより音が良いっ!!)

で持っていまふけどね。

CDの素材がクリスタルガラスで出来てるそーな。

(記録面はゴールド)

これにより信号誤差も少なく、耐久性、反りなどに強く

年数が経っても劣化がないとか言うてますけど

ホンマかいな? ( ´・ω・`)?

つーか落としても割れないんでしょうか?

普通のCDプレーヤーで聴けるそーなんですけど

どんな音すんやろね。

聴いてみたい気もしますが18万はありえへん!!

持つのに手が震えそうれす!(lll゚Д゚)ヒーッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)